日本的情人節,Godiva 竟然叫人不要送義理巧克力,到底為什麼?

就快2月14 日情人節了,男士們準備了沒有?(我沒有)

日本的情人節,女生會送巧克力給男生。簡單來講有幾種:

本命チョコ: 和字面解釋一樣,即是真命天子
友チョコ :和字面一樣,給朋友
義理チョコ:一般來講是給男性同事,作為感謝。

但GODIVA 日本登了一篇廣告,叫大家不買買義理巧克力。GODIVA為什麼會這樣做?

「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい、それが毎年もどかしい、というのです。」

「それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。」

「そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社トップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。『義理チョコ、ムリしないで』と」

有些女生討厭情人節。如果情人節當日不用上班的話,可能她們會鬆一口氣吧。因為要準備義理巧克力是一件非常辛苦的事,要考慮該給誰,送什麼巧克力等等⋯⋯花費時間和金錢,但又一定要做。所以每年都很苦惱。

我們GODIVA一直很關心這個國家的女生,明白她們的苦處,當然本命巧克力是很好的事,但義理巧克力實在是不需要。不,在這個時代,義理巧克力消失會比較好。我們是這樣認為的。

情人節,原本是純粹表達心意的日子,並不是調整公司內關係。所以希望各位男性,尤其是高層人員,可以對女生說一句:「請不要勉強自己送義理巧克力。」


在日本最講究的是人際關係的圓滑,但要維持這個圓滑,確是很辛苦的一件事。GODIVA的貼心廣告很值得支持啊。

(但我現在還沒有準備好⋯⋯)

Posted in 日本事情.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *